千葉市と成田市で市内日本語学校の留学生が卒業後も日本で就職活動を続けられるよう、最長1年間の在留資格を認める新制度を始めます

日本語学校に通う留学生には、海外の大学で学士以上の学位を取得した後に来日し、日本語学校卒業後も日本で就職活動を続ける学生がいます。
今までは、一度、母国に帰国するか、大学などに入り直して就職活動を続けていました。
国家戦略特区では、日本語学校卒業後も就職活動ができる「特定活動」という在留資格が認められます。
留学生は卒業後も日本語学校に就職活動の進捗を報告し、日本語学校はその内容を市に報告します。
優秀な留学生が就職できるチャンスが増えることはよいことだと思います。

成田市ホームページ → https://www.city.narita.chiba.jp/shisei/page0102_00004.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です