説明せつめい

海外かいがいんでいる外国人がいこくじん日本にほん会社かいしゃ経営けいえいしたい場合ばあい有効ゆうこうなパスポートを所持しょじしており、原則げんそくとして、あらかじめ海外かいがいにある日本国大使館にほんこくたいしかんまたは領事館りょうじかんでビザをパスポートにけることが必要ひつようです。そして日本にほんへの上陸じょうりくさいしては、出入国港しゅつにゅうこくこうにおいて、入国審査官にゅうこくしんさかんによる審査しんさけ、上陸許可じょうりくきょか証印しょういん在留資格ざいりゅうしかく決定けっていされなければなりません。そのために
申請人本人しんせいしゃほんにん
申請人本人しんせいしゃほんにん法定代理人ほうていだいりにん
取次者とりつぎしゃ申請取次しんせいとりつぎの届出とどけでがしてある弁護士べんごしまたは行政書士ぎょうせいしょし)が外国人がいこくじん入国前にゅうこくまえ事前じぜん出入国在留管理庁しゅつにゅうこくざいりゅうかんりちょうへ「経営けいえい管理かんり」という在留資格ざいりゅうしかくの「在留資格認定証明書交付申請ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょこうふしんせい」を行います。
その外国人がいこくじん日本にほんんでいる場合ばあいは、出入国在留管理庁しゅつにゅうこくざいりゅうかんりちょうへ「経営けいえい管理かんり」という在留資格ざいりゅうしかくに「在留資格変更許可申請ざいりゅうしかくへんこうきょかしんせい」をおこないます。

テーマ

テーマ:海外かいがい外国人がいこくじん在留資格ざいりゅうしかく取得しゅとくして入国にゅうこくするまでの手順てじゅん
手続名てつづきめい:「在留資格認定証明書交付申請ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょこうふしんせい
在留資格ざいりゅうしかく経営けいえい管理かんり
手続対象者てつづきたいしょうしゃ日本にほん入国にゅうこくして貿易ぼうえきその事業じぎょう経営けいえいおこないまたは事業じぎょう管理かんり従事じゅうじする活動かつどう希望きぼうする外国人がいこくじん
日本にほんんでいたら「在留資格変更許可申請ざいりゅうしかくへんこうきょかしんせい」をおこなう。

申請しんせいなが

外国人がいこくじん海外かいがいんでいる場合ばあい
1.
申請人本人しんせいしゃほんにん
申請人本人しんせいしゃほんにん法定代理人ほうていだいりにん
取次者とりつぎしゃ申請取次しんせいとりつぎの届出どどけでがしてある弁護士べんごしまたは行政書士ぎょうせいしょし)が外国人がいこくじん入国前にゅうこくまえ事前じぜん出入国在留管理庁しゅつにゅうこくざいりゅうかんりちょうへ「在留資格認定証明書交付申請ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょこうふしんせい」をおこないます。

2.在留資格認定証明書ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょ交付こうふがされたら、外国人がいこくじん国際郵便こくさいゆうびんなどを利用りようして送付そうふします。

3.入国にゅうこく希望きぼうする外国人がいこくじんは、その在留資格認定証明書ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょとパスポートを外国がいこくにある日本大使館にほんこくたいしかんまたは領事館りょうじかん提示ていじしてビザ発給申請はっきゅうしんせいおこないます。

4.ビザ発給はっきゅうんだら、日本にほん入国にゅうこく上陸じょうりくは、原則げんそくとして在留資格認定証明書交付日ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょこうふびから3か月以内げついないおこなう)、上陸港じょうりくこうにてパスポートとビザを提示ていじ在留資格認定証明書ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょ提出ていしゅつし、パスポートに上陸許可じょうりくきょか証印しょういんけるとともに、日本にほん中長期在留ちゅうちょうきざいりゅうする外国人がいこくじんたいして交付こうふされる在留ざいりゅうカードの交付こうふけます。これで、みとめられた資格活動しかくかつどう身分活動みぶんかつどうおこなえます。

在留資格認定証明書交付申請ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょこうふしんせいには、在留資格認定証明書交付申請書ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょこうふしんせいしょ写真しゃしん返信用封筒以外へんしんようふうとういがいにも様々さまざま提出書類ていしゅつしょるい必要ひつようです。