説明せつめい

日本にほん留学生りゅうがくせい雇用こようするとき、在留資格ざいりゅうしかくゆうする外国人がいこくじんが,法務大臣ほうむだいじんたいして在留資格ざいりゅうしかく変更許可申請へんこうきょかしんせいを行い,許可きょかけなければなりません。
その留学生りゅうがくせいのために「在留資格変更許可申請ざいりゅうしかくへんこうきょかしんせい」を、
申請人本人しんせいにんほんにん
申請人本人しんせいにんほんにん法定代理人ほうていだいりにん
取次者とりつぎしゃ外国人がいこくじんれようとする機関きかん職員しょくいん申請取次しんせいとりつぎの届出とどけでがしてある弁護士べんごしまたは行政書士ぎょうせいしょし)が就労前しゅうろうまえ出入国在留管理庁しゅつにゅうこくざいりゅうかんりちょうへ「在留資格変更許可申請ざいりゅうしかくへんこうきょかしんせい」をおこないます。

テーマ

日本にほんにいる留学生りゅうがくせい在留資格ざいりゅうしかく変更へんこうして就職しゅうしょくするまでの手順てじゅん
手続名てつづきめい:「在留資格変更許可申請ざいりゅうしかくへんこうきょかしんせい
手続対象者てつづきたいしょうしゃげんゆうする在留資格ざいりゅうしかく変更へんこうけようとする外国人がいこくじん永住者えいじゅうしゃへの在留資格変更ざいりゅうしかくへんこう希望きぼうする場合ばあいのぞく。)

申請しんせいなが

1.在留カざいりゅうードをて、日本にほん留学生りゅうがくせい申請人しんせいにん)が就労系しゅうろうけい在留資格ざいりゅうしかくの変更許可が可能かどうか、入社後の仕事しごと入管法上にゅうかんほうじょう就労系しゅうろうけい在留資格ざいりゅうしかく取得しゅとくできるものかどうかを確認かくにんします。

2.就職先しゅうしょくさき会社かいしゃ日本にほん留学生りゅうがくせい申請人しんせいにん)が雇用契約書こようけいやくしょわします。

3.
申請人本人しんせいにんほんにん
申請人本人しんせいしゃほんにん法定代理人ほうていだいりにん
取次者とりつぎしゃ外国人がいこくじんれようとする機関きかん職員しょくいん申請取次しんせいとりつぎの届出とどけでがしてある弁護士べんごしまたは行政書士ぎょうせいしょし)が外国人がいこくじん就労前しゅうろうまえ出入国在留管理庁しゅつにゅうこくざいりゅうかんりちょうへ「在留資格変更許可申請ざいりゅうしかくへんこうきょかしんせい」をおこないます。

4.在留資格変更許可ざいりゅうしかくへんこうきょかけてから入社にゅうしゃとなり、在留資格ざいりゅうしかくおうじた仕事しごとおこえます。

技術ぎじゅつ人文知識じんぶんちしき国際業務こくさいぎょうむ該当がいとうする業務ぎょうむ従事じゅうじする場合ばあい提出資料ていしゅつしりょうには、①留学生本人りゅうがくせいほんにんかんする書類しょるい、②就職先しゅうしょくさき会社かいしゃ用意よういする書類しょるい会社かいしゃ規模きぼによって必要書類ひつようしょるいことななります)、③学校側がっこうがわ用意よういする書類しょるい必要ひつようです。